BLOG


NHK放送センター建替え


2018/11/18

こんにちは。
konochikaraの奈良です。

公園通りの先、渋谷区新庁舎にほど近い「NHK放送センター」も2020年の東京五輪の終了を待って、建替え工事が本格的に始まるようです。

東館(昭和40年竣工)、西館(昭和43年竣工)、本館(昭和47年竣工)、NHKホール(昭和47年竣工)、北館(昭和63年竣工)、ふれあいホール(平成16年竣工)の計6つの既存施設は、継続使用する「NHKホール」を除き、ニュースセンターなどが入る「情報棟」(地上9階、2025年)、映像・音声スタジオなどが入る「制作事務棟」(地上18階、前期:2030年、後期:2035年)、スタジオパークなどが入る「公開棟」(地上4階、2035年)の3棟体制に変更。工期は、2020年〜2036年までの計16年をかけながら、段階的な解体と建設を同時に進める計画のようです。

次の50年を見据えて、渋谷では「駅周辺」から「公園通り一帯」へと再開発の波が広がっています。

ポイントとなるのは、2020年の東京五輪。渋谷パルコなど公園通り計画は五輪前に建設を終了し、国内外の来街者拡大に伴う「五輪景気」などを見込みます。その一方、オリンピック中継どを支えるNHKは、五輪後に落ち着いてから本格的な工事を進めていくようで、いずれにしても2020年の東京五輪を軸として、「渋谷の街」も大きく変わろうとしています。

カフェでワークするより安くて快適!無人運営時間貸コワーキングスペース
渋谷konochikara

< 記事一覧