BLOG


色の効果


2018/10/05

こんにちは。
konochikaraの奈良です。
konochikaraワークスペースは席数が28席ございます。
白と茶色基調の落ち着く雰囲気の店内に、気分が上がるような少しポップな雰囲気も入れたかったため、椅子には、黄緑、ワインレッド、オレンジ、黄色の座面カラーを用いました。

皆様ご存知の通り、色には様々な効果がありまして、ご紹介させていただきます。

◆黄緑
春の新芽や若葉を想像させる黄緑色は、何か新しいことをスタートさせるワクワク感やフレッシュな気持ちを想像させます。また、黄緑は子供や未熟なイメージを持っていて、可能性を表現している色です。子供が成長していくように、希望を持って前向きな気持ちで突き進んでいく力を与えてくれます。また、子供の持っている柔軟な思考を取り戻したい時にも黄緑色を取り入れると効果的です。

また、自然をイメージさせる色でもあるので、リラックス効果を得ることもできます。春の心地よい爽やかな気持ちにしてくれるので、気分をリフレッシュしたい時に最適です。

黄緑は生命力を表す色でもあることから、健康とも関係しています。いつまでも若々しい気持ちと健康な身体を保ちたい方や健康運をアップさせたい方にもおすすめの色です。

行動力も持っているので、自分で何か新しいことを始めたいと思った時は、可能性を信じて前に突き進んでいこうとします。新しい発想を生み出す力もあるので、自分で起業をしたり、立ち上げたばかりの会社で働いたり、クリエイティブな仕事が向いています。自分の力を最大限発揮できるだけでなく、充実感を得ることができます。

◆ワインレッド
赤色は「活力・情熱・興奮」といった強いエネルギーをイメージする色で、積極的なリーダータイプの人に好まれる色です。

また、やる気になっている時・元気がほしい時・自信を取り戻したい時・自分をアピールしたい時など、エネルギーが満ち溢れているか補給したい時に赤が好きになる人が多いです。

赤色は、太陽や炎などを連想させ、熱い(暑い)をイメージさせます。イメージ血圧や心拍数を上昇させ体温をアップさせる効果もあります。短期的な集中力を高めたり、やる気をアップさせたい時に取り入れると効果的な赤色。身につけたり、見ているだけで気持ちが高揚して、前に向かって進んでいく力が湧いてきます。やる気がでない時や、何かをやり遂げたい、何かをはじめたい時に取り入れてみましょう。

◆オレンジ
橙のやさしくてあたたかい光は、恐怖やプレッシャーによる心の不安や抑圧を取り除く効果があります。心が乱れている時や不安で押しつぶされそうな時は、橙の光を見れば、心身のバランスを整えることができるでしょう。

橙色は赤色の要素も含んでいるので、血圧と心拍数をアップさせ血行を促進する効果もあります。その結果、気持ちが高ぶって興奮しやすくなります。明るい気持ちになったり元気が出るのも、このような効果があるためです。

◆黄色
黄色は左脳を刺激し知性を高める色です。理解力、記憶力、判断力が高まり、心の不安を解消します。人前で話すのが苦手な人でも、黄色を使うと頭の回転が速くなり会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

その他、集中力や記憶力、判断力を高める効果もあります。仕事や勉強などで成果を出したい時は、部屋の壁を黄色くしたり黄色の置物やカーテンなどのインテリアを取り入れると効果的です。

どの席にしようか選ぶ際に参考にされてはいかがでしょうか。

個の力を最大限発揮できるワークスペースの実現を目指して。

何卒ご支援ご協力のほどよろしくお願い致します。

< 記事一覧