BLOG


新規事業成功率


2018/12/11

こんにちは。
konochikaraの奈良です。

新規事業の成功率はどのくらいなんだろう?
とネット検索する限りだいたい10%と書かかれていることが多いようです。

仮に、1つの事業が未来永劫なら会社存続だけを考えるなら、新規事業はやらなくてよいと考えられます。

ただ、未来永劫が約束される事業は皆無ですね。
おそらくその事業だけどんなに改善を繰り返しても。

そう考えますと、いまうまくいっている1つの事業はいつかなくなると考えたほうが自然なのかもしれないです。

では、いつなくなるのか?
企業生存率を参考にすると、
よく5年で20% 10年で5%と言われますので、それが1つの事業のみの場合と仮定できるなら、
1つの事業が残るのは10年でわすが5%。

1つの事業が10年後になくなり、新規事業の成功率が10%なら、
いまうまくいっている事業は10年後までにはなくなるけれど、新規事業は1年に1つ以上チャレンジしていれば、10年以内に1つは成功している計算になります。

細かい収支は度外視して
これが成立するなら会社はずっと存続できることになります。

致命傷を負わない範囲の新規事業は1年に1つ以上はやるべきで、
失敗を恐れて何もしないほうがリスクなのかもしれません。

カフェでワークするより安くて快適!無人運営時間貸コワーキングスペース
渋谷konochikara

< 記事一覧