BLOG


人材採用


2018/10/30

こんにちは。
konochikaraの奈良です。

先日、ある業界大手の会社の人事と採用を指揮する方とお話しをする機会がありました。

個人的に「この会社はほんといい人材が集まるよな~」。その秘訣はなんなんだろうって。

さすがに企業秘密な部分なので、もちろん根幹については教えてもらえないですが、さわりだけ。

「とにかく第一印象」

→1次面接:10~20名を一気に入室させて一人10秒くらい話して終了。社長・常務クラスも同席。

 長年採用面接しているとその人をパッと見ただけでなんとなく言葉ではなく感覚で分かってしまうのかもしれないですね。
 (もちろん、その会社にとって、適した人材かどうかが判断基準です。)
 
 これが人と人の出会いの場合、会社に適した人材から、自分に合う人材かどうか、という視点で第一印象を見ているのかもですね。

「質問に対して攻撃的な返答をしないか」

→多分、マニュアルとかにはない突発的な質問を投げて、その返しを見ていると思われます。

 ここで、素直さ・謙虚さを判断するようです。まずはしっかりと相手の言うことを受け入れることができるのかどうか。

あと、個人的な経験を含めると、無理して採用する必要がないなら、「迷ったら採用しない!」ですね。

それだけ、会社にとって採用する人材は重要ですよね。特に会社の規模が小さければ小さいほど、インパクトに差がでますしその差を実感しやすい。

そもそも、会社規模が小さいうちは、徹底して人材を雇用しないで会社運営できる仕組みを作り、会社固定費を最小限に抑えて、サービス提供価格でお客様に還元するのも一手かなと思います。

当社も過去にスタッフを雇いましたが、数日でお引き取りいただき、いまは、いけるところまで社員0名会社でサービスを提供していきたいと考えています。

優良企業の自己基準、
一人あたり年間売上高、
最低5,000万以上、できれば1億以上が目安になってくるのかなと思います。

カフェでワークするより安くて快適!無人運営時間貸コワーキングスペース
渋谷konochikara

< 記事一覧